プレハブ建築物の解体工事とは

無料で解体業者様を3社ご紹介します。

プレハブ建築物の解体工事とは


震災後の仮設住宅はプレハブ工法によって施工されており、
短期で施工することが出来るだけでなく、いずれは解体することを前提として建てられているために
解体工事に時間と費用が掛からない特徴を持っています。
日本のプレハブ工法による建築物は、世界で最も多く利用されており、
その利便性から至る場所で目にすることが出来ます。
プレハブ工法は短期間かつ低コストで建てることが出来る反面、耐久性には
やや問題があることが挙げられ、その耐久性が原因となって
数年後には建て直しを行うケースがよく見られます。

最近のプレハブ工法で建てられた建築物の解体工事の場合は、
施工した逆の順を辿ることが一般的ではあるものの、
数十年前のプレハブ建築物であればかなりの重労働になります。
また順序としては屋根から解体を行う必要があるために、
個人による解体作業は非常に危険であると言えます。
木造住宅と比較するとプレハブ建築物の解体工事費用は遥かに低コストで済むために、
身の安全を考えるためにも専門の解体業者に依頼を行うことが一番の得策です。

←コラム一覧へ戻る