手順を追って建物解体する留意する点とは

無料で解体業者様を3社ご紹介します。

手順を追って建物解体する留意する点とは


建物解体の手順を2回に分けて説明すると、最初に解体前の下準備を念入りに行います。
それは、解体によって生じる騒音や振動などから、近隣住民の負担を和らげるためにあります。
下準備には、まず敷地内にある内装材の解体があります。廃材には木材や畳などがありますが、
最近は作業するにもリサイクル法を考慮に入れる必要があります。
廃材は種類ごとに分別されてからトラックに積み込まれます。
次に、騒音や粉じんを抑えるために養生を行います。

下準備が終われば解体に移りますが、建物の立地に合わせて解体する方法が変わってきます。
それは日本の地理上、家屋が密集して建てられいる場所もあり、必要に応じてあるからです。
解体手法には二つがあり、手こわし解体は職人の手によって行われる手法です。
機械分別解体は、現在の主流でもあり、重機を用いて解体する方法です。
作業の性質上、粉じんが舞うので常時散水が行われます。
建物解体の手順は、上屋から基礎までの解体のあと、整地に移り工事は完了します。

←コラム一覧へ戻る