家屋解体後に行う、建物滅失登記の手続きとは

無料で解体業者様を3社ご紹介します。

家屋解体後に行う、建物滅失登記の手続きとは


建物滅失登記とは、家屋解体後に建物が無くなったことを証明するものであります。
家屋解体後の1ヶ月以内に建物滅失登記の手続きをする必要があります。
もし、この建物滅失登記の手続きを行わなければ、建物を建て替えることができません。
そして固定資産税をとめることが出来ません。建物を解体したときだけでなく、
火災によって全焼してしまった場合にも、建物滅失の登記をする義務があります。

これは不動産登記法によって定められているのです。

家屋解体後は、早急に建物滅失登記をした方が賢明です。
この理由は、建物滅失登記の手続きをしていない場合は、
建物の土地を担保にした銀行からの融資を受けられない場合があるからです。
また後世への相続が行われることになると、いつかは建物滅失登記の手続きをすることになります。

世代が変わってから建物滅失登記をすることになると、
より多額の登記費用がかかる恐れがあるからです。
ですから確実に建物滅失登記をすべきです。

←コラム一覧へ戻る